2016年02月17日

ピロリ菌簡易検査でチェックしよう

胃がんの99%はピロリ菌が原因とのこと。
日本に多いアジアのピロリ菌は特に悪さをして、胃がんになる割合が多いとのことです。

参考)ヘリコバクター・ピロリ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘリコバクター・ピロリ

一度検査しようと思ったんだけど、簡単な検査でわかるとのことで・・でもそのためにわざわざ病院行くのも面倒なので、もっと簡単にできる方法がないか検索して見つけました。
個人で簡単に使用できる検査キットが売っているじゃないですかwww
これは一度試してみたい。
3個セット?まぁ1度失敗しても大丈夫ってことで、自分でやると操作間違えるかもしれないし、3個あれば安心かな、値段も安いし(高かったら別だろうが)

◯ピロリ菌検査キットのが購入できるサイト



検査キット3回分セット 2,700円

「ヘリコバクター・ピロリ菌」が正式名称
胃の中に好んで住み着き、胃の壁を傷つける細菌です。
胃の中は強い酸性のため、細菌が住みつくことはないと思われていましたが、このピロリ菌は自ら住みやすい環境を作り出し、胃の中に住み着きます。
(ウレアーゼという酵素を多量に持ち、胃の中にある尿素をアンモニアに変化させ、胃酸を中和し菌の周辺のphを変化させている)

日本人の50%が感染しており、40歳以上では約70%感染している。
人から人への経口感染や食べ物や飲み物からの感染が多く、多くが5歳までの幼少期に感染。

日本人に多いとされる胃ガンや、胃炎・胃潰瘍なども「ピロリ菌」の感染が原因ともされているため、ピロリ菌の感染の有無の検査と、菌を除去することが重要です。

ピロリ菌が関係する主な病気
慢性胃炎
胃の腺細胞(胃酸を分泌している腺)が萎縮をおこし、胃酸や粘膜を分泌しない状態
委縮性胃炎とも言われます。
慢性胃炎患者の80%はピロリ菌に感染。
主な症状:吐き気、嘔吐、腹部、腹部膨満感、みぞおちの痛み、胸焼けなどが1か月以上続く。(無症状の場合もある)

十二指腸潰瘍、胃潰瘍
胃から分泌される胃酸と胃壁を守る粘膜の分泌のバランスがくずれ、胃や十二指腸の表面の粘膜が赤く炎症をおこした状態になり、炎症が続くと欠損が深くなり粘膜の下部まで胃液で消化されてしまう状態
「消化性潰瘍」とも言われる。
胃潰瘍患者の約80%はピロリ菌に感染。
主な症状:みぞおちの痛み、背中の痛み、嘔吐、下血
posted by サプリメント個人輸入 at 14:10 | TrackBack(0) | 検査キット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433924146

この記事へのトラックバック

アメリカの最新のサプリメント
サプリメント先進国アメリカから、最新のサプリメントを紹介してます。
■個人輸入がお勧め
円高の今だから個人輸入がお勧め!でも直接アメリカから自分でやるのに不安な人には、アメリカに支店がある日本語で購入出来るお店がお勧め。現地価格を円で購入出来て送料も安く済むので便利です。
■関税について
輸入には関税に注意が必要です。個人の小口輸入には関税がかかりませんので、そこのところをうまく利用しましょう。
安心後払い
銀行振込・コンビニ支払いも可能で、商品受け取ってからの後払いが選択出来るので、直接個人輸入するのが不安な人・クレジットカード決済が不安な人も購入出来ます。